施術集

2015.05.13

経椎間孔性頸部硬膜外ブロック

 当院では頸部硬膜外ブロックは安全性、確実性のためにレントゲン透視下で施行してきました。それでもなお硬膜穿刺、硬膜外血腫などの合併症の可能性がありました。最近、神経根周囲から椎間孔を通して硬膜外腔に薬剤を注入する経椎間孔アプローチによる頸部硬膜外ブロックが開発され施行される施設が出てきました。当院でもより安全性、確実性を高めるため従来の透視下頸部硬膜外ブロックに加えて経椎間孔性頸部硬膜外ブロックを行う事になりました。
第1/2胸椎椎間孔から刺入する方法で頸椎下部の病変に対しては安全でかつ有用な治療法です。

 手技の実際

  1. レントゲン透視下で行います。体位は胸の下にパッドを入れた腹臥位(うつむき)で、両腕は脇腹に付けた格好になります。
  2. レントゲン透視で刺入部位を確認、マークを付けます。皮膚消毒、清潔シーツを被せます。
  3. 23-25ゲージのカテラン針で局所麻酔しながら刺入して行きます。
  4. 肥えた人で針が十分届きにくい時は10cmブロック針を使う事もあります。
  5. 目的部位に達したら造影剤を注入します(このとき腕に響くことがあります)。レントゲン写真を撮影します。局所麻酔薬2-5mlとステロイド2-4mgを注入して終了します。
  6. 注入後ベッドで安静にしていただきます。
 
利点*片側に疼痛にある場合はより安全確実で有効率が高い。硬膜穿刺を防げる。脊椎外で血腫が出来ても保存的に治療が出来て致命的な合併症が起こしにくい。
 
欠点*片側にしか効果がない。頸椎の上部には薬が届きにくい。
   気胸、神経根損傷の可能はある。
 

経椎間孔性頸部硬膜外ブロック


右T1/2経椎間孔性頸部硬膜外ブロック


左T1/2経椎間孔性頸部硬膜外ブロック

 

きのしたペインクリニック

  • TEL : 079-227-3687
  • FAX : 079-227-3956
  • 予約専用:079-322-3227

〒671-1321
兵庫県たつの市御津町苅屋56-9
アクセスはこちら

ページの先頭へ